20年ぶりに仕事を始めようとして思ったこと

40代後半の専業主婦です。

夫は転勤族で3,4年ごとに日本国内を移動しています。

そのためずっと賃貸住宅での生活だったのですが、8年前に子供が生まれ、将来的に自宅の購入や教育費などを考えた場合、仕事を始めた方がいいのではと思うようになりました。

ただ、短期間で引越しをすることが多いので、場所を選ばず、また比較的時間の自由の利く在宅ならできそうだと思い登録してみることにしました。

現在クラウドワークスに登録していますが、きっかけはテレビの番組で紹介されていたことでした。
実際それを見て在宅ワークという働き方もあるのだということを知りました。

仕事は、ネットで検索した事柄を報告するということから始めました。

実は始めてからまだ日も浅く、家事の空き時間に仕事の依頼などをチェックしていると食事の支度が遅れたりして、まだまだリズムがうまくつかめません。

そんな状態ですから、短時間でできる経験の問われない簡単な仕事が中心です。

当然金額も少額ですから家計の足しになるどころか、精々子供のおやつ代といったところです。
何とか早く慣れてもう少しきちんとした仕事になるようにしたいと思っています。

まだ、それ程大きな仕事をしていないのでトラブルになったことはありません。

ただ、1度思い切って定期的な紹介記事の仕事に応募してみたものの、ボリュームが大きすぎて対応しきれず辞退する羽目に陥ったことがあります。

経験不問の仕事だったのでチャレンジしてみたのですが、やはりそれ相応の知識や経験は必要だったと思います。

何の経験がなくても簡単に始められる在宅ワークですが、きちんとした収入を得るためには英語やタイピング、エクセルなどの技術があった方がいいとつくづく痛感しました。