アラサー女子が自分の好きなことで生きていくためにはじめた在宅ワーク

30代、女性、フリーターです。
在宅ワークをするきっかけは、「今、自分のやりたいことに集中するため」にパソコン1台でどこでもできる仕事がしたかったからです。
仕事はネットで検索して探し、今はクラウドソーシングサイトはランサーズとクラウドワークスの2つ登録をしています。
女性向けのコラム記事の執筆や覆面調査などをしています。
初めての仕事は、女性向けコラム記事2500字1本です。
自宅で仕事をするようになり、出勤や退勤時間を気にせず、自分のペースで仕事をすることができるようになりました。
ただし、自分で時間のコントロールをしなければならないので、集中しているときは夜中まで仕事をしてしまったりと不規則な生活になりがちです。
案件を選ぶときの基準は「今の自分に無理なくできる範囲か」「労力に見合った報酬か」「仕事を発注している人は信頼できる人か」を基準にしています。
仕事で困ったことは1つの案件をもらえても、継続案件がなければ全く収入が得られないことです。先の見通しが立たないことは、とても不安でが、継続案件は実際にできるのか負担を考えると応募しにくいです。
まだ、クラウドソーシングに登録して1か月と実績もなく、単価が低いものが中心なので、もっと稼がなければ収入としてはお小遣い程度で苦しいです。これから、どんどんお仕事を受注していきたいです。
これから在宅ワークをはじめる方は、本業がある場合は、まずは副業としてある程度稼げるようになってから本業を辞めることをお勧めします。