在宅ワークを始めた理由、 定年まで働ける第二の技術を求めて 

40代後半の女性です。
去年までソフトウェア開発の会社で働いていました。
前の会社を辞めた理由は、年齢的に常に新しい知識や技術を学んでいくIT分野はきつくなってきたので、まだ、頭が働くうちに別の分野の技術を学ぼうと思ったのがきっかけです。英語圏での生活が長いので、最終的には翻訳(英語から日本語)をやっていきたいと思っているのですが、さすがに競争率が高いです。今は翻訳ではなく、日本語の文章を書き慣れようと、簡単な短い文章をかく仕事を選んでます。
家で仕事をするようになって、平日に銀行や病院の予約が楽にとれるようになりました。
会社では苦手な人とも付き合わないといけない場面もありますが、在宅ワークではそういうことはなく、ストレスがない反面、気の合う人とも交流が減るのが寂しいです。
まだ、在宅ワークでトラブルや困ったことはないのですが、出来上がった仕事だけ、受け取って、報酬がなかったという話は聞いたことがあるので、相手の顔の見えないネットでの仕事に不安はあります。
今は気軽な文章を書く仕事を選んでますが、募集中の仕事をみても、多くの仕事の単価が安くて驚きました。
始めたばかりなので、この収入は微々たるものですが、収入面ではこの先も厳しそうですよね。
これから在宅ワークを始める方に大したアドバイスはできませんが、あまり、多くを期待しないことだと思うます(特に収入面で)
あと、人と会う機会が格段に減るので、家でうつうつする前に 気晴らしには用がなくても外に出るのもおすすめです。