在宅の仕事のメリットはライフスタイルに合わせてできる

44 歳 女性 委託契約のデータ入力をしています。
私は離婚をした時に体調を崩し、軽いうつ病になりました。その後少し休養をして、仕事をしようと思ったのですが、体調にも波があるので在宅で仕事ができるものをさがし、パソコンを習いました。パソコンをせっかく習っていたのでパソコンの入力の仕事がしたくて、在宅でできる仕事がしたいと思いました。前から在宅のパソコンのデータ入力の仕事があるのはわかっていたのでパソコンができるようになってすぐ、インターネットで検索して電話をして面接をうけました。今やっているデータ入力の仕事は奄美大島のITの会社になります。
初めての仕事は電話番号や住所の入力をしました。体調もよいときと悪いときがあるので、在宅での仕事は体調が悪い時は無理しないで休めるので私にとってはとてもよかったです。家事をしながら子育てもでき、自分にとてもあっていました。
仕事がたくさんある時はたくさんあって、夜中まであったり祭日などもあったりします。
仕事がたくさんある時に私が仕事を選ぶときは、データ入力なので、自分がデータをうってみて早く入力できるようなものを選びます。漢字などは数字より単価が高いので優先して漢字の案件をだいたいやっています。
私は在宅でデータ入力の仕事をしているのですが、始めたきっかけは離婚が原因で体調を仕事でのトラブルはあまりないのですが、困るのは仕事の量が決まってないので、ものすごく案件が少ないときがあり、仕事がなくて困ります。後、たくさん仕事がある時はずっと同じことを繰り返してデータを入力するので、手が腱鞘炎になるときがとても痛くて辛いです。この在宅の仕事は人に気を使うこともないので好きなのですが、もう少し収入は欲しいです。もう少し稼がないと生活がきついので、満足はしていません。
データ入力の仕事は周りの人でもやってみたいという人がたくさんいるのですが、単価がとても低く、入力も早くないと全然稼げません。実際にこの仕事を登録したものの全くやっていない人もたくさんいます。コツコツと何時間も同じことの繰り返しなので、飽き性の人には向いていないと思います。
逆に気を使わないのはメリットなので、単価が安くてもやりやすいことを重視する方にはおすすめになります。